リフォーム 長野市 スマートウェルネス住宅等推進モデル事業補助金

2014.11.21

こんにちは。東邦建工リフォーム部の小林律子です。

ながーいタイトルを見られて、聞いたことある方、初めて見られた方、いろいろかと思います。

国交省が推進しているモデル事業でございます。

住生活空間を省エネルギー化し、人も建物も、長く健康に住まえるようにするという取組です。

長野県では、”信州の建工・省エネ住宅を推進する会”を発足し14社(東邦建工株式会社を含む)が、これを推進しております。

 

先日、その勉強会・説明会がありました。(in信大)

20141120_154616 20141120_154613 20141120_154609

 

 

省エネルギー改修工事を行うことで

リフォーム前とリフォーム後で健康の変化のデーターをとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・温湿度(設置するのみでOK。データーは自動的に保存されます。)

・血圧測定(こちらも測定するのみ。データーが転送されるシステムとなっております)

・活動量計(ズボンやスカートに装着して行動。外出時間など日誌に記録)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらにご協力いただくというものになります。

この調査と合わせて行う省エネルギー改修に対して、国の補助金があります。

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」

●補助率:対象工事額の1/2

●補助額:上限 100万円/戸

20141121113732518_0004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補助金を上手に活用して、リフォームをし、さらに安全と安心と健康を手に入れることができます。

 

現在お申込み受付中でございます。

 

ご興味おありの方、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

 

HPからのお問合せはこちら→ ・

お電話はこちら→ フリーダイヤル 0120-104-037  担当 佐藤まで