EU、住宅「CO2ゼロ」義務付け 21年以降の新築、オフィスも

2009.12.02

前回日本の「住宅版エコポイント」のご紹介をしました。

今回はEUの「住宅 CO2ゼロ義務付け」の記事のご紹介です。

 

EU、住宅「CO2ゼロ」義務付け 21年以降の新築、オフィスも

『欧州連合(EU)は2021年以降に新築する住宅やオフィスビルなどについて原則として、二酸化炭素(CO2)を実質的に排出しない「エコ建築物」とするよう義務付ける規制を導入する。建築物はEU域内のCO2排出量の約4割を占め、抜本策が不可欠と判断した。エコ住宅の普及を検討している日本の対応にも影響を与えそうだ。

 EU加盟27カ国と欧州議会が28日までに合意した。来年1月に閣僚理事会などで正式に指令(法律)を採択した後、加盟国は2年以内に国内法を整備する。エコ建築物の義務付けはフランス政府が導入を検討してきたが、EU全体に広げる。(ブリュッセル=瀬能繁)(07:00)』

日経ネットより

 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091129AT2M2802728112009.html

 

東邦建工は設立以来高性能住宅の追求をしています。

外断熱工法と充填断熱両方の可能性を探り続けて皆様にご提案しています。

そのご紹介はこのホームページにある「東邦建工の住宅」をご覧のうえ

新築・建替え・リフォームの際には是非「東邦建工」をご検討下さい。

 

東邦建工 リフォーム部 佐藤