3次元リフォームで限られた空間を有効活用

  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用
  • 3次元リフォームで限られた空間を有効活用

部屋数が足りなくなったので、「若世帯増築部2F居宅部を間仕切って部屋数を増やせないか?」というご相談でした。平面的には無理に思えましたが現場を確認すると天井高3,400ある贅沢な空間があったので、2次元的ではなく3次元的な発想に切り替えました。2,100と1,300の2層に間仕切ることで居住空間が増え、子供部屋、寝室、居間、収納部を確保。室内を解体し鉄骨に溶接作業するとご予算をオーバーしてしまうため、既存部解体を最小限に抑え木造表しで施工しました。RC打ちはなし風の外観の内部は木質感いっぱいに様変わり。「いろんな会社に聞いたけど、このような大胆かつ柔軟な提案をしてくれたのは、東邦さんだけでした。ありがとうございます。」とのお言葉をいただきました。


外観

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

既存は、おしゃれなコンクリート打ち放し風の外観です。車庫の上は、天井高3400のお部屋になっていました。


吹き抜けの中に新しい床ができました

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

新設した階段(写真左)を登って、右が新しいロフト、階高1300mmです。


新設階段

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

梯子ではなく、階段を造作工事で造りました。母屋へつながる階段に接していたので、うまく登れるよう最初の登り口を工夫しました。


デザイン階段

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

単なる階段ではもったいない。圧迫感がないように格子状に組みました。見せる収納にしてもいいし、飾り棚として使うのもいい。廊下ギャラリー♪


天井高2100mmで床座スタイル

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

若世帯のプライベートリビングです。二世帯での生活には必須ですね。
天井高は2100mmになり、床に座って過ごす
日本人がもっとも落ち着く「ザ・床座すたいる」です♪


2100mm床座リビング 木質あらわし

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

外観のコンクリート打ち放し風のイメージから、ガラッと印象をかえました。
構造をあらわしで仕上げ、木質感を出しました。「白い四角い箱」だったもとのお部屋から、”遊び心たっぷりのわくわくする空間”になりました。


天井が低いとおちつくんです

3次元リフォームで限られた空間を有効活用

ロフトといえども、大きな窓もあり、熱気だまりを外に逃がすことができます。
書斎として、趣味室として、遊び部屋として、収納として、さまざまな用途でお使いいただけます。


物件データ

建物種別戸建て, オーダー家具築年数

その他の施工事例