女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし
  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし
  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし
  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし
  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし
  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし
  • 女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

打合せ当初から断熱とバリアフリーがご要望でした。

・段差がなくなりお母様が4脚杖で家中を安全に移動できるようになった
・暖冬とはいえ1台の温水ルームヒーターで去年より断然暖かく過ごせている
・ちょっとした工夫で暮らしやすい動線になった
・細部にわたり使い易

とのお言葉頂きました。

ビフォー LDK

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

部屋が区切られていて
収納も少なく
片づけにくい空間でした


アフター LDK

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

構造上必要な柱を残し
LDKのワンルームに。

畳の生活から椅子の生活になり、
立座りが楽になったとお言葉をいただきました。


ビフォー リビング

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

廊下との間の大きな押入。

圧迫感がありました。


アフター リビング

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

押入をなくし、廊下と一体化。

寒くて暗い廊下がなくなり、
明るい広々空間になりました。

車いすでの動線も考慮しました。


壁にはピクチャーレールを取付け
画廊のような雰囲気に♪


ビフォー トイレ

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

狭くて寒いトイレ。段差もあり危険・・・。

冬場はトイレに行くのが億劫でした。


アフター トイレ1

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

便器の横の手摺は、上げ下げレバータイプです。

手洗いは車いすのままでも使える形のものをご提案。

足があたらないんです。



安全で安心なトイレに生まれ変わりました。


アフター トイレ2

女性一級建築士が提案する、安全で快適な暮らし

奥には小便器を設置。

便器が直接見えないように壁をたてて
目隠しをしました。

女性設計士ならではの配慮です。


紙巻き器も棚付き二連式で、
ちょっとした手摺がわりになり、
安心してお使いいただけます。


物件データ

建物種別戸建て, リビング・ダイニング, トイレ築年数44年
構造木造施工地長野県大町
家族構成部位おうちまるごと

その他の施工事例