長野リフォーム&リノベーション No,44 壁紙・クロス

2010.05.24

お部屋のイメージを決めるアイテムのひとつ壁紙・クロス。

壁紙・クロスにも種類があるのでご紹介します。

 

今の壁紙は色柄だけではなく、ある機能をもっている種類がありますから

お使いになる場所に併せて選らぶと効果的でしょう。

 

1、消臭性

 クロスに消臭材を含ませて、室内の臭いの元を吸着・分解して軽減します。

 タバコやペットの臭いが気になるお部屋に使われています。

 

2、吸放湿性

 室内の湿度を調整をする為に、吸湿・放湿します。

 室内の湿度が上昇すると吸湿して、結露を軽減する効果があり、

 室内が乾いてくると、吸湿した水分を放出します。

 

3、汚れ防止

 お掃除がしやすいように、

 煙草のヤニ、落せる落書きを拭き取りやすくなるよう表面加工してます。

 最近TVCMでも見かけましたね。

 

4、防かび性

 洗面脱衣室やトイレなどの水廻りのお部屋は湿度が高かったり、

 通風がよくなかったして、かびが発生する場合があります。

 かびの胞子はアレルギーの原因にもなり得ますので防ぎたいですね。

 

5、撥水性

 壁紙表面に樹脂加工を施し水をはじきます。

 洗面周辺など、水はねの影響を受けるところにお勧めです。

 

壁紙メーカー様ごとに対応商品を開発していて、

そこに本来の色柄・デザインが加わるのでその数は膨大です。

このなかのどれを選ぶか、、、、 

 

 

東邦建工 リフォーム部 佐藤