長野リフォーム&リノベーションの勧め No,9 維持管理

2009.10.24

念願の夢のマイホームを手に入れて、

初めて荷物を運び込んで生活を始めた日を忘れる事は出来ません。

皆様のご家庭のその日はどんなでしたか?

 

そのマイホームを長く大切に使うためには維持管理が必要です。

それは自動車の定期点検や車検のように、

でも、特に法的縛りはないので、ご自身で気をつけることが必要です。

 

今回は「外壁」について

住宅に使われる外壁の種類は沢山ありまして、

今東邦建工で一番使われるのは「サイディング」と呼ばれるものです。

カタログにある沢山の柄や色の中から、お好みのものを選んで使っていませんか?

お値段によっては特殊な機能(光が当たると汚れを分解する等)が

付加されているものもありますね。

表面の汚れや色落ちは目立つので気になりますが、

目立たない「シールイング」にも目を向けて下さい。

サイデイング1枚1枚のつなぎ目に指で押すと柔らかなラインがありませんか?

そこが「シーリング」部分で、これは外壁のつなぎ目の防水の役目をしています。

場所によって異なりますが寿命は10年程度とされています。

劣化したシーリングは硬くなって、亀裂が入って、防水機能が働かなくなります。

すると建物内部に水が侵入する危険性が増え、

仮に侵入すると構造体や外壁を傷めてしまいます。

 

これから年末にかけて大掃除をされる時に、

ちょっとこの「シーリング」部分を注意してみてみて下さい。

気がつくことがございましたら、東邦建工リフォーム部まで

電話 026-246-5555

 

東邦建工 リフォーム部 佐藤