スマートウェルネス住宅ができるまで 解体

2016.07.12

  スマートウェルネス住宅のご紹介を引き続きさせて

いただきます。

 

スマートウェルネス住宅の概要は、こちら!

 

いよいよ解体工事です。

壁に古い断熱材がみえます。

DSCN4448

 

 

こちらは、1階の和室です。構造体である鉄骨が

みえてきました

DSCN4500

 

鉄骨造には、ブレースという、木造でいう筋違いにあたる部材

が、ところどころこんな風にバッテンに入っています。

DSCN4521

解体するまえに、見える部分と

解体しないと、見えない部分があります。

 

 

 

予定で窓をつけたいところなどにブレースが入っていると

位置の変更、サイズ変更が必要になってきます。

 

 

今回、当初計していた階段部分に、ブレースが入っていたため

急きょ、階段の位置の変更をご提案させていただきました。

DSCN4509

 

 

 

DSCN4539

 

 

設計上の窓の位置にブレースが重なってしまった部分は、

サッシの形状変更をお願いしました。

DSCN4525

 

 

ブレースをかわして、サッシの取付をしました

小窓をリズミカルに並べて、デザイン性もたせました。

DSCN4875

 

 

 

 

 

木造で増築されていた部分を減築して。。。

DSCN4498

 

 

すっきり元の形が見えてきました!

DSCN4602

 

リフォームでは、解体工事がおわったあと、

もう一度既存の図面と実際がどうだったかを確認し、

計画が予定通りすすめられるか、修正はどれだけ必要かを

判断します。

 

職人さんも、リフォームになれた職人さんが多いので

現場の状況など密に連絡をとりあって、現場を進めていきます。