太陽光で発電された電力の買取価格が倍になっています

2010.01.30

最近太陽光発電を設置されるお宅が増えています。

 

皆さんはこんなことご存知ですか?

「太陽光発電システムにより家庭で作られた電力のうち、自宅で余った電力を、

これまでの倍程度の価格である48円/kwhで電力会社に売ることが出来る」制度が

始まっていることを、、、

これは購入を検討している方にとっては大きなチャンスです。

経済産業省のHPより⇒
taiyoukouhatudenn.pdf

 

ある松本市の大人2人、子供2人ご家庭で

3.6kWの太陽光発電を載せた例を参考にご紹介します。

2003年は電気・ガス・灯油の総費用が、支出182,588円/年でした。

2004年に太陽光発電を設置しオール電化にしました。

2005年は24.6円/1kWの売電価格で、収入15,518円/年になりました。

これを48円/1kWに置き換えると、   収入107,980円/年と大幅にアップします。

 

過去毎年182,000円の光熱費を支払っていたのがその支払いが無くなって、

収入として107,000円が口座に振り込まれることになります。

この差は大きいですね。

2003年からすると2010年は289,000円収入が増えたようになりますから、、、

東邦建工の社員の中にも検討している人がいますよ。

 

太陽光発電のご相談は、東邦建工 リフォーム部へ

     026-264-5555

 

東邦建工 リフォーム部 佐藤