リフォームでよみがえる思い出の我が家

2011.01.20

今お住まいの家は誰の代から住んでいますか?

お父さん?おじいちゃん?ひいおじいちゃん?

 

住宅のご注文をいただいた会社は建築の際に

「長く住んでいただけるよう」に想いを込めて丈夫な仕事をしています。

もちろん東邦建工もそう、ですから住宅は実は結構長い寿命を持っています。

でも何らかの事情で建替えするお宅が多かったので

日本の住宅の寿命が短い結果になっているような気がします。

当初はきっとその時の最新設備や技術で建築されたでしょうから

ご近所でも注目の的だったのではないでしょうか。

それから何十年も経ていろいろ古さが気になるようになってきてますが

今の家を大切に受け継いでいく「かっこよさ」もひとつの住宅への価値観です。

そんな価値観を応援するご提案をご用意いたしました。

 

full2.JPGこれからも思い出がいっぱい詰まったお家で過ごしたいお客様、

その夢の実現のお手伝いをしたいです。

 

東邦建工 リフォーム部 佐藤

 

20110120Do!sul.JPG